広告・宣伝効果が期待できる動画制作!ネット広告に必要な基礎知識

アイデアを出す

従業員

インターネットを活用することで、アンケートなどの調査を簡単に行えるようになっている。これらのアンケート結果などを元に、商品開発や広告活動を行う企業も多い。これらの中でも特に有効な情報として活用できるものとして、学生に対する意識調査やアンケート結果を活用するという方法がある。商品開発や商品の広告活動を行う場合、通常は社内の人材を集め、アイデアを募ったり打ち合わせなどを通して方針を決めていくことになる。しかし、社内の人材の場合には同じような考えを持っている場合が多い。また、会議などで決めていく場合には、その会議での話の流れで方針が決まっていくことが多く、斬新なアイデアが出辛いということがある。これに対して、学生のアイデアなどの活用では、社内では出てこないような発想のものが出てくるケースが多く、社内では考えつかない商品開発や広告活動に繋げられるケースが多くなる。特に学生をターゲットにした広告では、どのような広告に学生が注目しやすいかについては、大人視点の場合には分からないこともある。その為、学生からの意見やアンケート結果を広告に反映していくことで、学生に対して効果的な広告活動を行っていける可能性が高くなる。これらの情報収集については、アンケート調査などを行うことで比較的簡単に情報収集することも可能であるが、アルバイトなどで直接人員を集め、その中から広告方針などを検討していくとより効果的である。