広告・宣伝効果が期待できる動画制作!ネット広告に必要な基礎知識

広報用の動画を作る

カメラ

動画を作るための費用

古い時代においては、動画を見せる手段としては映画やテレビといったものしかなく、そのため企業が動画を作るといっても宣伝用や広報用といったごくごく限られたものが中心でしたが、現代においてはパソコンやタブレット端末といったもので動画を見ることができ、かつ動画を納めておくメディアもDVDやSDカードなど小さなものになり、またインターネットからも簡単に再生することが可能になっており、その用途は広がっています。このため以前に比べて動画制作を行う業者も増えており、またデジタル技術の発達によって掛かる費用も抑えられる傾向にあります。動画制作は目的によって変わってきますが、動画にすることでより効果的に相手に伝えることができますし、また動画によって理解や興味が深まる場合があります。インターネット上でいつでも見られるようにしておけば宣伝広告費用を抑えることができますし、場合によっては収益化も可能です。一方で動画制作をするさいに気になるのが料金相場です。簡単なものであれば10万円程度としているところもありますし、100万円を超えるところもあります。一般的な相場としては15秒で3万円から、30秒以上で10万円以上です。ただ現実に15秒でもこだわった動画とした場合には10万以上するケースもあり相場に関しては有ってないようなものと考えるのが妥当です。ただ動画制作の相場の目安としては、携わる人の数と日数によって変わってきます。つまりスタッフ1名が1日働くぶんの費用として2万円から3万円は必要ということで、ここから製作日数を掛ければ動画制作に掛かる大体の費用を知ることができます。